2011年1月12日 (水)

終了案内

ココログでのブログを終了しようと思います。

5年近くこちらでお世話になりました。

早いものであります。

暇つぶしに来てくれた方々、イモリンクしてくれた方々、謝々。

人に見せるようなものではなかったのですが、長く続けてしまいました。

 

さて、今後はどうするかというと...、

なぜか、アメーバに引越します。

内容はほぼ変わりませんが、新に始動します。

ってか、もうしてますけど...。

下記、リンク先也。

それでは、皆様、ごきげんよー。

 

soon http://ameblo.jp/everyday-sway/

 

 

|

2010年12月31日 (金)

熱海捜査官的な大晦日

少し前に、熱海から戻って参りました。

大晦日に何してんだって感じですが...、

とにかく源泉掛け流しの熱海温泉に入って、未だにぽっかぽかです。

Img_7370温泉もよく、お土産屋さんも充実した、

近場で楽しいところはなかなかありませんよ。

ボウリング場も超昭和な雰囲気を醸し出し、

かつての温泉街を色濃く残す姿はたまりません。

こうした昭和歌謡曲が似合うような熱海ですが、

今夏に放映されたテレ朝の連ドラ『熱海の捜査官』でのロケ地であり、

ツインピークスを模倣したような本作を楽しく観ていた者にとって、

だいぶミーハーに街並みを堪能してきたのでした。

Img_7409とくに、行きたかったのはアタミロープウェイ。

こちらもドラマ内に登場。

オダジョーが乗ってましたね。

ロープウェイを登ると、なぜか秘宝館。

秘宝館はドラマには出なかったみたい。

館内の雰囲気はとてもあの世界に合っているのですが...。

それと、八幡山山頂から見下ろす熱海市街は素晴らしい景色でした。

とゆーわけで、土産に、干物や蒲鉾、わさび漬け、イカの口にイカメンチ、

今年最後の晩餐用に買ってきたもので、これから一献はじめます。

さて、今年は夏に転職をするというハードな年でしたが、

また来年頑張ってまいりましょー。

よいお年を!!!

|

2010年12月23日 (木)

アニバーサリーリング

私事で大変恐縮ですが、本日結婚5周年と相成りました。

そこで、アニバーサリーリングを製作しました。

R0011343
普通、10周年のスウィート10だろって、つっこみたくなりますが、

なんとなく『5』というキリのいい数字と、私の指がとても太くなったことに、

ことの次第ははじまるわけであります。

普段、指輪をつけないのですが、いざしようと思って付けてみたら、

見事に入らないではありませんか。 そりゃあ、まいった。

そんなこんなでまた指輪を作ってみたわけです。

ちゃんと内側に刻印も打ち込み、R0011355

記念的なものにしてみました。

今回は、シルバー925をベース。

鳥柄や模様に金メッキを施してあります。

カミサンからは甲丸で模様に凸がないものという注文。

鳥柄は、今後私たちのさらなる飛翔を願って彫り込みました。

兎に角、無事5周年を迎えました。

日頃、お世話になっている方々に感謝しつつ、これからも精進々々。

|

2010年12月21日 (火)

ガンダム・ベアブリック

またもペプシがベアブリックのオマケを付けました。

今回はガンダム。こりゃ、すぐに店頭からなくなりそう。

街中の歩く人にも、ちらほらとこのストラップを見かけます。

とゆーわけで、私もいくつか揃えてみました。

なかなかいいです。 Img_7367

MSのチョイスもシンプルだ。

ただ、ギレン・ザビやランバ・ラルとか、

ここら辺のキャラは、いかがなものなのだろうか????

しかし、今年はガンダム30周年。

ぎりぎりまで盛り上げますね。

|

2010年12月20日 (月)

針のムシロのハリネズミ

カミサンがお友達やっているクラフトショップで、

Img_7335かわいらしいものを買ってきました。

マチ針刺しなのですが、

見事にハリネズミになります。

針の矛先が逆のような気がするけど...sweat02

目がつぶらで、すごく気に入っています。

すばらしいデザインです。

ちょっと私もそのクラフトショップを覗いてみたくなりました。

|

2010年12月19日 (日)

アキ・オカ アルチザン

御徒町から秋葉原の高架下の情報発信の場に行きました。

職人たちの工房兼ミニショップがいくつも集まったモノづくり施設です。

Img_7347その名も『2k540 AKI-OKA ARTISAN』。

アルチザンとはフランスで職人の意味。

随分と不思議なものを作りましたね。

昨今、御徒町に宝飾の勢いはなく、

若者の技術を見せる場はなかったものです。

それがなにやら出来てしまいましたね。それもお洒落に。

どうせなら10年以上前にやってほしかった。

したら、自分の仲間と絶対何かやったと思うのです。

といっても、ここはジュエリーだけでなく、革製品、木製品、陶器など、

いろいろな分野の職人さんが参加されています。

Img_7351また若者へ、というわけでもなさそうです。

本物の匠の技が存在しておりました。

こういうの見ると、自分も作りたくなります。

それにしても、ちょうどいい場所のスポットです。

所要で御徒町に行った際のブラブラが上野だけでなくなりました。

そのまま秋葉原に出られるのもおもしろいです。

そのうち、フィギュアなどのオタクの匠も入り込んできそう。

|

2010年12月17日 (金)

フェアレディ・マウス

日産ユーザーである私。

先日、クルマの点検の際、バッテリーを交換しました。

半額キャンペーン期間だったということもあったので頼んだところ、

それ以外におまけまで付いてきました。

フェアレディZのマウスざんす。

Img_7345黄色しかないって言われたけど、

まったくもって、コレでよし。

PCに差し込むと...、ぴっかー。

いやはや、よく出来てます。

PCであんまりこういった小物を持ったことがないので、結構感激。

へっへ、なんかタイミングよし。

|

2010年12月 6日 (月)

サイドウェイな旅

って、ほどでもないんですが...、

甲州は勝沼にワイナリーめぐりをしてきました。

Img_7213この時期当然シーズン・オフなので、

むちゃくちゃ空いていました。

こーゆーのもいいもんです。

上の写真は、ぶどうの丘からのショット。

ぶどうの丘にあるワインカーブに行けば、1,100円で試飲し放題。

勝沼中のワインをとりあえずここで試すことができます。

そこで、気に入ったワインを見つけたら、そのワイナリーへGO!!

Img_7163今回、はじめに、大和葡萄酒。

こちらのママさんは、接客上手。

楽しく飲ませていただきました。

それから、白百合醸造(工場ツアーのスタッフの方お世話になりました)、

最後に、勝沼醸造、ついアルガーノ甲州(限定14,000本)を2本購入。

ここのワイナリーが好みの味だということがわかりました。

歩いたり、バスに乗ったりしながらのんびり巡るのは実に楽しいもの。

また変わりどころでは旧大日影トンネルという、Img_7292

かつてワイン輸送に使われていたトンネル。

中は、とっても幻想的。

蒸気機関車が中を通った所為か、

煤跡が残っているのもまた情緒があります。

この中だけ、別の時間が流れているかのよう。

それにしても、まだまだ勝沼周辺にはいろいろなものがありそう。

ワイナリーもまだまだ巡り足りないし。

今度は、日本版サイドウェイの映画でも観て、訪れてみますか。

|

2010年11月28日 (日)

高尾山

紅葉まっさかりの高尾山行ってきました。

9時半ごろには京王線高尾山口駅に来ましたが、

R0011137すでに大勢の人。

ちまたで噂の山ガール。います。

通の人もいれば、ハイヒールまで。

それにしても、新宿から近いもんですね。

正直、高尾山は自分の記憶からは初めてのところでしたので、

とても新鮮なところでした。寒いし。

さて、高尾の紅葉シーズンもぎりぎりか、と思っていたらまだまだのよう。

とにかく燃えるような木々の彩りは、極彩色豊かな寺社のよう。

R0011300ただ頂上までの人の数は尋常じゃない。

芋洗いのように、ごったがえしています。

こりゃ、ここではのんびりできん。

R0011301しかし、その先に足を延ばすと、

とたんに人はいなくなります。不思議です。

ほんのちょっと先にはもみじ台という、

また素晴らしい景色がやって来るのに...。

久しぶりにこんなに激しい色合いを見ました。

あんまりよかったんで、いやー歩いてしまいました。

歩数計を持ち歩きましたが、3万歩いきました。明日が心配。

そうそう、高尾といえば、名物とろろそば。

やっぱりおいしいところ、また趣きのあるところへ行きたい。

とゆーことで、元祖とろろそばの『竹の家』さんへ。

真ん中に年期の入ったストーブがあり、懐かしい感じのするお店です。

昔ながらのお蕎麦家さん的雰囲気。

R0011332味はというと...。

とろろと麺つゆの相性抜群のお蕎麦でした。

ごちそーさん。

んー、満足の高尾山でした。

|

2010年11月15日 (月)

キャンディーミュージック

Img_7088いろんなものがスピーカーに変わるという、

変り種ポータブルスピーカーを購入しました。

どういうものかといいますと...、

携帯プレイヤーなどから流れる音楽を振動に変換し、

いろいろな箱物に貼り付けるだけでスピーカーとして使えるのです。

Img_7090早速、注文先のアマゾンの箱を使用。

とりあえず中央に粘着パッドを取り付け、

箱をスピーカーのように立てて聴く。

おぉ、ほんとに音がぶるぶる出ます。当たり前か。

粘着パッドが弱そうなので、平面にのっけてみる。音変わらず。

手ごろな段ボールなので、コレはスピーカー用にとっておこう。

肝心な音は、こもった頼りのない音。でも、わくわく感はたまりません。

まだティッシュ箱や空き缶など、いろいろ試してみたい。

コレはしばらく楽しめるぞ!!!

毎日放送の『知っとこ!』を観て、すぐにアマゾンに発注してしまうあたり、

チープな新しもの好きは、お金を貯める能力が欠けてます...。

|

«寝ぼけマナコ